更年期障害、若年性更年期障害治療NAVI

更年期障害について

 

 

女性更年期障害

 

一般的に

 

更年期障害は40代半ばころから始まるといわれています。

 

当然更年期が始まる時期は個人差があり、症状は個々いろいろ

 

あります、閉経年齢で最も多いといわれているのがやはり50歳

 

といわれています。

 

少し早くて45歳ぐらいがかるい症状が始まります。

 

神経質・のぼせ
冷え・うつ・動悸
ほてり・脈が早まる
多汗・月経異常
めまい

 

 

など更年期特有の症状といわれています。

 

もしこんな症状があれば更年期障害の始まりと考えることがいいでしょう。

 

 

この更年期障害が始まるのもホルモンが原因といわれていますが

 

きっかけがいろいろな原因があるでしょう。

 

子供の受験・夫の定年・親の介護などで生活に急な変化が起こる

 

ころにはじまるといわれています。

 

普段から生活リズムを整えて、自分の体の健康を考えておきましょう。

 

 

 

 

生活のリズムが変っていろいろな症状が出たときはすぐに医師の検査を

 

しておきましょう。

スポンサードリンク